ふじみ野通信

ふじみ野通信7 EU加盟国の平均寿命(07年)

・日米の平均寿命
 「ブリタニカ」の比較によると、1900年の日米の寿命の平均はアメリカの男子45才/女子48才にたいして日本の男子42歳/女子45才とわずかに3才ほどアメリカが長寿であった。1900年といえば、日本は明治33年で日清・日露両戦役の間の国際的な緊張感のたかいなかで「富国強兵」策の仕上げの時期であり、アメリカでは南北戦争の余波が静まり経済成長も緒についた時代であった。其れからさらに90年後の1990年を見ると、日本人の平均寿命は男子75才/女子82才となり、アメリカの其れは男子72才/女子79才となって日米較差は逆転して日本のほうが3才の長寿国になっている。

 この意味するところは様々に考えられるかもしれないが、いずれにしてもこの90年の内に日本の男子33才/女子37才、アメリカの男子27才/女子31才、平均寿命が伸びている。日米差でいえば、男女とも6才の長寿を日本は果たして3才の長寿国となっている。この傾向は、男女差を一本化した2007年のデータでもつづいており日本82.7才、アメリカ79.1歳で3才の寿命差は変わっていない。多分、このころに日本は「世界最長寿国」になったのであるが、日本の人口は2000年にはいって現象に転じて12,700万人に止まり、アメリカは約3億人と増加している。

 この90年は、植民地戦争から第2次世界大戦を挟んで経済復興と経済成長を果して、ある意味で戦後世界の転換点を迎えた時期でもある。経済構造も大きく変わっている。円高も変わらないであろうから、所得表記も変わるであろう。そう考えると、今後の我々の課題も非常にシビアになると考えたほうが良いかもしれない。

・此処で言う平均寿命とは、ある人間集団の生存年数の総計を生存者聡数で割ってえた数値である。平均余命が、死亡統計にもとづいて計算された仮想的な数値であるのと、その点が違うところである。

・EUの平均寿命・所得・人口
まず、ヨーロッパの人口は2009年の統計で7億3,126万人であるが、このうちロシアの1億4千万を除くと5億9,129万。このうちEU加盟国は4億9,436万人で83.6%を占めている。比較的大規模な非加盟国は、国民所得4,592億ドルのスイス、3,692億ドルのノルウェーである。

 EU加盟国の特徴は、一人当たりの国民所得が1万ドル以下の国が旧共産圏諸国のブルガリア、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ポーランドの5カ国に限られており、旧共産圏諸国の加盟者でもチェコ14,580ドル、ハンガリー11,690ドル、エストニア12,830ドル、スロバキア11,720ドル、スロベニア21,510ドルは其れを凌駕している。

 第2の特徴は、平均寿命が70歳代から80才の内に全て納まっていることである。その意味でいえば、旧共産圏諸国の平均寿命はルーマニアの79.4才、スロベニアの78.2才を除いて、すべて75才以下に納まる点である。加盟国の中枢は、イタリア81.1、スウェーデン80.8、スペイン80.7、フランス81.0、イギリス79.3、ドイツ79.8、ベルギー79.5、6、オランダ79.8、等である。

 したがって、EUの今後の課題は社会保障制度の確立であり、その為の経済成長を域内で確立していくことが第一の課題となる環境にある。

     EU加盟国の平均寿命(2007年)
    ―――――――――――――――――――――――
国 名 一人当たり所得平均寿命 人口(09)
         (㌦)    (歳)     (千人)
 アイルランド 47,610.    79.7       4,515. 
 イギリス   40,660.     9.3       61,565. 
 イタリア   33,490.    81.1       59,870.
 エストニア  12,830.    72.9       1,340.
 オーストリア 41,960.    79.9       8,364.
 オランダ   45,650.    79.8       16,592.
 ギリシャ   25,740.    79.1       11,161.
 スウェーデン 47,870.    80.8        8,249.
 スペイン   29,290.    80.7       44,904.
 スロバキア  11,720.    74.6       5,406.
 スロベニア  21,510.    78.2       2,020.
 チェコ    14,580.    76.4       10,369.
 デンマーク  55,440.    78.2       5,470.
 ドイツ    38,990.    79.8       82,167.
 ハンガリー  11,680.    73.3       9,990.
 フィンランド 44,300.    79.5       5,326.
 フランス   38,810.    81.0       62,343.
 ブルガリア   4,580.    73.1       7,545.
 ベルギー   41,110.    79.5       10,647. 
 ポーランド   9,850.    75.1       38,074.
 ポルトガル  18,950.    78.6       10,707.
 マルタ    16,680.    79.6         409.
 モナコ    40,421.    80.1         32.
 ラトビア    9,920.    72.3        2,249.
 リトアニア   9,770.    71.8        3,289.
 ルクセンブルク72,430.    72.5        486.
 ルーマニア   6,890.    79.4        21,275.
 ―――――――――――――――――――――――――
  
・個人所得の比較的高いのが概して小国である。大国で高いのは、イギリス、フランス、ドイツなのは論を待たない。今後の課題は、旧共産圏から参加した諸国、EUの中に抱えた発展途上国が今後何年ぐらいで社会保障制度を議論できるようになるだろうか。EU25カ国の年金支給年齢を67乃至68才とする申し合わせは、これらの途上国が2020年までにはその個人所得も1万ドルを超えて2万ドルに迫り得る、という目算が合っての事なのかもしれない。

 平均寿命からいえば、EU内の途上国も含めて成熟期に入った人口構成をもっていると思われるから、その意味でEUに残された年月は5年から7年位か。05年から09年までみても人口はほとんど増加していないから、今後の5年ぐらいに将来を占うような結果が期待されなければならない事になるのかもしれない。

2010.10.29 田沼

e0202785_16512.jpg

    
[PR]
by esapp | 2010-10-29 16:06